新着情報

名古屋国際会議場にて家庭薬膳セミナー(第1回)が開催されました!

「家庭薬膳セミナー in 名古屋国際会議場(第1回)」が5月16日(日)に開催されました。

家庭薬膳セミナーは、年4回の講座で4年前より鈴鹿市で開催されておりました。今年度からは、名古屋においても実施される運びとなりました。

 当日は、髙木久代氏(学会代表理事、鈴鹿医療科学大学教授)の「東洋医学と西洋医学を融合した日本風土に合った薬膳を提供していきたい」とのご挨拶でセミナーが始まり、その後「薬膳講座」と「栄養学講座」が行われました。「薬膳講座」では、薬膳における食材の考え方やその適応について、背景となる中医学ばかりでなく西洋医学的な知識も交えながら、浦田繁氏(鈴鹿医療科学大学教授)より解説がなされました。また、「栄養学講座」では、西洋医学的な食材の特性である栄養素の解説はもとより、生活習慣病やロコモーティブシンドロームを予防する食事法について中東真紀氏(鈴鹿医療科学大学准教授)がお話されました。

P1020446P1020443P1020418

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講義終了後は、薬膳弁当(西洋医学を取り入れた新薬膳レシピ ~春から夏へ~)を参加された方々にご賞味いただきました。今回の薬膳弁当は、夏にむけて体力をつけるとともに季節の変わり目を乗り越えるための食材を使用した9品目からなり、カロリーも576kcalに抑えたメニューとなりました。

 本セミナーの第2回は、8月28日(日)に予定されております。各回の参加も受け付けておりますので、参加希望の方は、以下よりお問い合わせください。

【問合せ先】日本薬膳学会事務局

(鈴鹿医療科学大学 TEL:059-383-9208(内線9406 浦田もしくは9411長岡まで)

2016第1回家庭薬膳セミナー名古屋

 

 

 

 

 

 

ページ上へ戻る